読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を豊かにする読書ブログ

本の書評、紹介、雑記などを書いていきます。

夢を達成する意味とは?「20代で始める『夢設計図』」

書評

今日は「20代で始める『夢設計図』」を読みました。

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

 

本書では、「なりたい自分になる」ことが人生における成功であり幸せである、と紹介されています。そのためには夢・目標を明確に定めて、いつまでに何をどう実現させていくかを考えることが必要になってきます。そのための人生の設計図を描くことこそ、20代で最優先すべきアクションだとも言っています。人生という作品の出来を決めるのは、設計図の質にかかっている、と。

 

自分の将来に自分で枠をはめない

夢・目標を定め、夢設計図を考えるときには、自分の将来に自分で枠をはめることがないよう、自由にやりたいことをリストアップしていくといいでしょう。

夢や目標を考える時に「この夢は自分には無理だなと」最初から諦めることはもったいないことだと思います。なぜなら、人はその夢で思い描く自分の姿以上にはなれないからです。
とりあえずは「実現可能かどうか」なんて予測は立てずに、頭の中から洗いざらい出してみることが大切で、その次に現実と夢の溝を埋める具体的な方法を考えることです。

 

夢の達成期限を決める

本気で夢をかなえたいのなら、とにかく達成期限を決めて、そこから遡って行動プランを立てることが重要です。

夢を「いつか」叶えようと思っているだけでは、人は行動を起こせません。そこに時間的制限を設けることで人は動きます。

 

本書では、その他にも様々な考え方、勉強法、仕事術、心構えなどが紹介されていました。
しかし、僕は本書の一番の主張は「夢・目標を明確にし、到達までの最短距離を考える」という一文に集約されていると思います。
読んでいて思ったのは、夢・目標を設定することの大切さです。
もちろん、その夢を達成することが出来たら御の字なのですが、仮に達成しなくても、その夢に向かって努力をする過程には価値があると思います。達成を目指して努力することが、1日1日にハリを生み、生きる喜びを与えてくれると思います。

 

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

 

 

広告を非表示にする