人生を豊かにする読書ブログ

本の書評、紹介、雑記などを書いていきます。

ブログを作るにあたって考えたこと

f:id:book-life:20150219184616p:plain

今日はブログを作るにあたって考えたことを書こうと思う。といっても別に大したことではない、ただの思考の羅列だ。ふーん、ぐらいに思ってもらったら十分だ。ちなみに僕はブログは初めてだったから、何もかも手探りの状態からスタートしたことを最初に言っておく。

 
 
僕がブログを始めるにあたって思ったことは、
「どうせ書くなら見てもらえるブログにしよう、せっかく書いても誰も見てくれなかったらさびしいではないか」
これが僕のブログに対しての原点であり、ここから思考を展開させます。
 
 
見てもらえるブログを作ろう→じゃあどうやったら見てもらえるブログは作れるんだ?→どうやら毎日更新することが大切らしいな→じゃあ毎日安定して記事を供給するためにはどうしたらいいんだ?自分は別に面白いことも書けないし、何か持続性のあるものを決めなくてはいけない→「読書」にしよう、書評ならなんとか書けそうだし、ネタに困ることもなさそうだ→コンセプトはどうする?→あまり読書になじみがない人に読書の習慣を促す感じにしよう、何かあったらその都度修正しよう→では、どんな本を紹介したらいいんだ?→よりマーケットを広げるために、手に取りやすい本を紹介しよう→考えることはこんなもんでいいか、後は動きながら考えよう→ブログってどうやって作るんだ?→はてなブログがいいらしいな、じゃあはてなブログを作ろう、目安が分からんけどきりがいいから、取り敢えず1万pvを目指そう→(ブログ開設)→開設2日目pvが13→もう少し増えたらいいな→なんやかんや→ブログ開設2週間ちょい3万pv→現在に至る
 
 
 
最近思うのは、一時的なpvなんかあまり意味がないんだなということです。全くないなとは言いません。ただそれよりもブログを更新するという「継続性」の方がはるかにブログ運営にとって大切なことだなと感じております。
無理な日も出てくると思いますが、出来る限り続けていこうと思います。
  
Motif.スマホスタンド(考える人) SR-3001

Motif.スマホスタンド(考える人) SR-3001

 

 

広告を非表示にする