人生を豊かにする読書ブログ

本の書評、紹介、雑記などを書いていきます。

上手に片付けができるコツ 「仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか」

今日は、「仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか」を読みました。

超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか

超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか

 

本書では、「片付けができる人は仕事もできる」と主張しています。整理整頓など片付けをしっかりすることで、効率がアップしたり、やる気が高まったり、ビジネスチャンスが舞い込んでくるということです。
僕が整理整頓などはわりかしできてる方なのに、仕事はあまり出来ないのはどういうことなのかという不純な動機とアマゾンのレビューが何気によかったので読んでみました。

 

片付けとは、「整理・整頓」である

整理とは「減らす」であり、整頓とは「使いやすいように配置する」ということ。
あなたがもし、より効率的かつ効果的に片付けたいならば、まず「減らす」ことから始めることおすすめします。

僕は今まで整理整頓とは、物を元にあった場所に戻すとか、雑然とした物や状態を整えたりすることだと思っていましたが、全然違いますね。まず最初は物を「減らす」のですね。これは僕にとってコロンブスの卵に近いです。

 

整理を徹底することが、片付けを成功させる一番の秘訣

整理=「外に出す→分ける減らすしまう」

片付けが苦手な人は、まず整理(物を減らす)を徹底して行ってみることが、片付けを成功させる大切なポイントだそうです。そうやって物が減った状態で、整頓に入ると片付けがスムーズにできるということです。後は、その整理整頓された状態を維持するように、片付けを習慣化できれば完璧です。


「仕事力」と「片付ける力」との相関の高さを表す理由が、本書ではたくさん示されていました。思考回路の整理や、仕事のスピードが早くなるなど、「たかが片付け、されど片付け」です。
具体的な片付け方と、片付けることによる意義、メリットを知ることだけでも、本書を読む価値はあったかなと思います。
普段、片付けを後回しにしてしまう方などにお勧めです。

 

超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか

超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか

 

 

おすすめの漫画50冊紹介!社会人向け  - 人生を豊かにする読書ブログ