人生を豊かにする読書ブログ

本の書評、紹介、雑記などを書いていきます。

会社のために働くな

f:id:book-life:20150407212615j:plain

トピック「新社会人」について

この時期は、この手の記事が増えますね。
僕も便乗して少し書いてみます。

さて、今更何か目新しいことを言うつもりはないです。
他のブログで素晴らしい記事がたくさんあるので、そのおまけ程度に読んで頂いたら十分です。


僕が言いたいことはただ一つ。
「会社のために働くな」ということです。

何を当たり前のことを、と思うだろうが、やはり一定数はいるのです。
会社のために自分を犠牲にして働く人が。
新社会人の方は、これから様々な理不尽や不条理と出会うかもしれません。
それは、会社のノルマや醜悪な人間関係かもしれません。
その環境にいることで、「自分が潰されてしまう」と感じたら、迷わず逃げましょう。
逃げることは、決して悪ではないのです。

自分は会社に必要な人間なんだ、なんて思う必要ありません。
あなたの代わりは他にたくさんいます。
そもそも社会から本当に必要とされる人間なんて一人もいません。
これは誰もが不要な存在だというニヒリズムではなくて、どんな人間にも代替が存在するということです。
代替がいるから、僕たちは努力をしなければならないのです。
また、代替の存在は関係の変換や終了を可能にし、それが結果的に僕たちを自由にします。

しかし、社会には代替が存在しても、あなたの家族や恋人、親しい人にあなたの代わりとなる人は存在しません。

自分を犠牲にしてまで、会社の人柱になる必要はありません。
お客のために、家族のために、そして自分のために働くのです。
決して会社のために働いてはいけません。

広告を非表示にする